2021.02.22

レブロン・ジェームズは2011年にアメフト選手転身を真剣に検討していた

学生時代はアメフトの選手としても活躍していたレブロン[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)は、36歳とは思えない超人的なプレーを継続中だ。2020-21シーズンのこれまでのスタッツは、1試合平均25.6得点、8.2リバウンド、7.9アシスト。もうひとりの大黒柱であるアンソニー・デイビス(ロサンゼルス・レイカーズ)をケガで欠くなか、獅子奮迅の活躍でチームをけん引し、MVPレースでも堂々の1位に君臨している。

 しかし、遡ること10年前、レブロンはNBAでのキャリアに終止符を打ち、アメリカ3大スポーツのひとつであるNFL(プロアメリカンフットボールリーグ)への転身を考えていたという。

 このストーリーを紹介したのは他でもない、NFLのオフィシャルサイトだった。当時、マイアミ・ヒートに所属していたレブロンは、ダラス・マーベリックスにリーグ優勝を譲ったことの責任を問われていた。また、2011年と言えば、NBAとリーグの選手会の労使協定で折り合いがつかず、ロックアウトが起きたシーズン。たとえキングと言えど、ファンの前でプレーしたくてもできない状況には大きな不安を覚えたはずだ。

 こうした要因が重なり、レブロンはNFLへの道を真剣に模索した。同選手はアメリカンフットボーラーへの転身について「いつも考えている」とコメントしたうえで、当時の心境をこう振り返っている。

「どこかのチームには入れたんじゃないかな。もしトライアウトに参加していればだけどね。そもそも、俺は何かのために努力するのを惜しまない。(ダラス・)カウボーイズか(シアトル・)シーホークスのトライアウトを受けるか、家にいてクリーブランドに帰るかなら、トライアウトを選択していたはずし、どこかに所属できただろう。俺は自分がフットボールのフィールドで何ができるかを理解していた。当時の年齢を考えてみてもね」

 学生時代、レブロンはバスケットプレーヤーのみならず、アメフトのワイドレシーバーとしても非常に優秀な選手だった。NFLによれば、オハイオ州立やノートルダム、ミシガン、フロリダを含む大学各校は、レブロンを本気でリクルートしていたという。

かつては引退後にアメフトコーチになる夢も

アメフトの指導者になる将来を夢見ていた時期もあったようだ[写真]=Getty Images

 現在、レブロンは現役選手としてのキャリアを終えた後にNBA球団のオーナーになるという夢を度々公言しているが、それ以前はアメフトのコーチになることに憧れていたようだ。

「NBAチームを所有したいという願望を抱く前は、高校のフットボールコーチになることがどれほどクールなことかをしばしば口にしていた。ヘッドコーチでも、オフェンシブコーディネーターでもいい。アンディ・リードのように、クレイジーなプレーをメイクしたいんだ。俺はただただスポーツを愛していて、暇さえあれば観戦している。スポーツはいつも俺の中に存在して、スポーツが俺を育てたんだ」

 もしも、レブロンがNFLに転身したら、現代のNBAはどのような勢力図を描いていたのだろうか。いずれにせよ、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)のベースボールキャリアよりは成功を収めたに違いない。

文=Meiji

BASKETBALLKING VIDEO