2018.12.29

地区5位同士の対戦、どちらが連敗をストップできるか

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

秋田ノーザンハピネッツvs三遠ネオフェニックス(@CNAアリーナ★あきた)
第1戦:12月29日18時5分、第2戦:12月30日14時5分

 12月の最初の4試合で3勝1敗と好スタートを切ったが、その後3連敗。前節の栃木ブレックス戦も第1クォーターは4点ビハインドで踏ん張りながら、第2クォーター以降は栃木の地力にねじ伏せられ、4連敗で“借金”は「7」までふくらんだ。3試合目にして初めてコンビを組んだカディームとドワイトのコールビー兄弟はそろって10得点止まり。中山拓哉もわずか2得点に終わり、3ポイントを武器に頭角を現しつつある保岡龍斗がファウルトラブルに見舞われたのも痛かった。ただ、前々節に負傷退場した谷口大智が出場こそ見送られたものの遠征に帯同したことは一安心。特別指定選手として入団が発表されたばかりの長谷川暢が早速初出場を果たし、得点を挙げたことも明るい話題だ。

 対するは三遠ネオフェニックス。こちらも5連敗で迎えた前節は第1クォーターから川崎ブレイブサンダースのペースに飲みこまれ、最大28点差まで開いたところから18点差まで押し戻すのが精一杯だった。シーズンの半分に満たない現時点で2度目の6連敗となり、今節は1戦目に敗れると“借金”がついに2ケタに到達する危機だ。

 地区5位同士の対戦は、ともに連敗ストップがかかる大事な戦い。勝敗を分けそうなポイントは、ファウルも辞さない秋田のハードなディフェンスだ。開幕から一貫して圧倒的にファウル数が多い秋田だが、その一方で三遠は被ファウル数がリーグで3番目に少なく、それに伴いフリースロー試投数と同成功数もリーグで2番目に少ない。秋田は被ファウル数の少ない三遠に対してファウルをせずに守りきれるか、三遠としては秋田のファウルを誘うプレーを遂行できるか否かということになる。

 そしてもう一つ、秋田は逆に被ファウル数もリーグ最多で、必然的にフリースローの試投数と成功数も多いという事実も見逃せない。1試合あたり20本近くフリースローを打っている秋田に対し、三遠もできるだけファウルを抑えたいところだ。

文=吉川哲彦

■ロースター
・秋田(ヘッドコーチ:ジョゼップ・クラロス・カナルス)
野本建吾
下山大地
白濱僚祐
成田正弘
下山貴裕
中山拓哉
ドワイト・コールビー
保岡龍斗
小野寺祥太
ジャスティン・キーナン
カディーム・コールビー
谷口大智
長谷川暢

・三遠(ヘッドコーチ:藤田弘輝)
ジョシュ・チルドレス
寺園脩斗
川嶋勇人
長谷川智伸
渡邊翔太
太田敦也
岡田慎吾
ダシルバヒサシ
鈴木達也
菅野翔太
ウィリアム・マクドナルド
田渡修人

この試合の他の記事