2023.10.02

【B1クラブ展望/名古屋D】デニスバスケの完成間近…激戦の西地区をさらに熱くする存在に

デニスHCのチームづくりが確実に進行する名古屋D名古屋 [写真]=B.LEAGUE
ライター・カメラマン

 ショーン・デニスヘッドコーチ就任後の名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、遂行力の高いチェンジングディフェンスとアップテンポで3ポイントシュートを多用するオフェンスで躍進。昨シーズンはリーグ2位の平均85.4得点。アシストは22.7本で2位、リバウンドは38.8本で5位、スティールは8.1本でトップ。3ポイントシュート成功率は35.5パーセントで3位と、攻守のあらゆる面でリーグ上位の数字を残した。しかし2シーズン連続で終盤にケガ人が続出し、CSではまたしてもクォーターファイナルの壁を越えられずに終わった。

 それでもチームの司令塔・齋藤拓実は「この2年間で勝ち抜けるチームという土台がしっかりと作れた」と胸を張る。

 今シーズンは日本人選手全員を含む10人が契約を継続。「日本人全員が継続するということはなかなかないことだと思うんですけど、それくらいみんな同じ気持ち。このメンバーでもう1回最後まで戦い抜いて、自分たちの力を証明したい。くやしさを3年目にぶつけて、結果にこだわっていきたい」と齋藤はチーム全員の気持ちを代弁する。

 今オフにはチーム最多の19.3得点を稼いだコティ・クラークが移籍。大黒柱のスコット・エサトンがインジュアリーリスト入りした。外国籍選手が全員新加入という点に若干の懸念はあるものの、ロバート・フランクスティム・ソアレスは名古屋Dに合うプレースタイルの選手でフィットするのにそれほど時間はかからないだろう。

 兎にも角にも、ケガ人を出さず、シーズン通してベストなコンディションを維持できるか。タイトル獲得のためには、それが必須条件だ。

■KEY PLAYER/SG/S #14 佐藤卓磨

佐藤卓磨が優勝へのラストピースとなるか⁉ [写真]=B.LEAGUE


 新戦力の中で最注目は、日本人で唯一の移籍組である佐藤卓磨だ。昨シーズン千葉Jの東地区優勝と天皇杯優勝に貢献した「3&D」プレーヤーは、デニスHCが率いていた滋賀でプロデビューし、若手育成に定評のある指揮官の薫陶を受けて飛躍を遂げた。デニスHCのバスケットを熟知し、優勝の味を知る佐藤は、悲願の優勝へのラストピースとなれるか。

文=山田智子

佐藤 卓磨の関連記事

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO