2019.04.26

【連載】2019年注目選手に迫る vol.2-4 チームメートが証言!? 平下愛佳って実はこんな人!

平下をよく知る同級生や後輩、先輩にも話を聞いた
取材歴15年目でミニバス、中学、高校、大学、トップリーグに日本代表と様々なカテゴリーをカバー。現場の“熱”を伝えるべく活動中。

卓越したスキルで1年次から桜花学園のスターターを務め、今年はキャプテンに就任した平下愛佳。コート内外での平下はどんな人なのだろうか。彼女のまだ見ぬ姿を探るべく、平下の先輩から後輩まで、計4人のチームメートに証言してもらった。

インタビュー・文=田島早苗
写真=長尾里絵

前キャプテンの坂本雅「大事な場面で点を取ってくれて、すごく助かりました」

※4月より愛知学泉大に進学。桜花学園在籍時に取材

――プレーヤーとしては?
坂本 どの試合でも安定して点数が取れるし、アウトサイドだけでなく、ミスマッチだったらインサイドのプレーもできるなど、オールラウンドに点数を取れる選手です。点が取れるということで、競っている時や大事な場面での1本は平下が攻めるフォーメーションにしましたが、そこできっちりと点を取ってきたので、すごく助かりました。

――コート外では?
坂本 後輩や先輩にはあまり見せないのですが、同級生の仲だけの時は、おふざけキャラのようです。試合を見ている分には、あまり分からないかもしれないけれど、寮では変なスイッチが入ったら1人で踊りだすなど意外な一面があるんです。私は同じ部屋だったので、(ルームメートの)4人で話をしている時にそういう場面が何度かありました。

――後継のキャプテンとしては?
坂本 私は(井上眞一)先生に注意されてばかりで、プレーでうまくいかないことも多かったのですが、平下はしっかりしていて、プレーでも点が取れる。それに自分の意思を持って、みんなに積極的に話しかけるなどしているので、これからもそれは続けていくこと。それと得点面でもまだまだできると思うし、もっとチームを引っ張っていけると思っています。先生の言っているバスケットをしっかりやって勝ってほしいです。

中学時代からチームメートのマネージャー永山まなみ「高校に入ってキャラが変わりました(笑)」

――中学時代(ポラリスというクラブチーム)からチームメートで、その時はともに選手だったようですね。
永山 中学の時は平下に頼っていた感じだったのですが、高校では点の取れる選手が周りがいるので、(平下自身も)周りにも助けてもらう時があります。それは中学では見られなかったところですね。中学はゴール下でのシュートも多かったのですが、高校では3ポイントシュートを1試合で7本決めるなど(昨年の国体決勝)、シュート確率がすごく上がったと思います。それと、大野裕子先生(ポラリスのコーチ)に習ったディフェンスが高校でも効いているなと見ていて感じます。

――平下選手はどんな性格ですか?
永山 普段はあまり自分を出すという感じではないのですが、バスケットになると、「やらなきゃ」という雰囲気を前面に出します。中学では、ふざけたりしたことはあまりなかったのですが、同級生の中澤梨南とか首藤祐希とか田中平和たちと一緒にいるようになってからか、キャラが変わりました(笑)。

――マネージャーとしての意気込みをお願いします。
永山 高校のキャプテンは中学の時より背負うものが大きくて、平下も大変だと思います。私はマネージャーとしてみんなが言い合えるチームにしたいと3年生たちで言っているのですが、そこがまだ全然できていなくて、言いたいことがあっても言えてない人もいます。私からも話ができてない選手などに声を掛けてあげられるようにしたいと思っています。

昨年からともに主力として戦う岡本美優「コート内では心強い。コート外では宇宙人です(笑)」

――プレーヤーとしては?
岡本 愛佳は常に安定したプレーをしてくれるので、頼りになるし、ここという時に絶対にシュートを決めて来てくれる存在です。私の中で一番、愛佳の好きなプレーは、飛び込みリバウンド。私がシュートを落とした時も必ず取ってくれるので心強いです。

――コート外では?
岡本 宇宙人です(笑)。入学した頃は、普通の子だと思っていたのですが、慣れてきたら、ちょっと抜けていることがあったり、不思議な行動を取ったりすることが分かりました。

――今年の意気込みをお願いします。
岡本 個人的には、リバウンドは(オコンクウォ・スーザン)アマカに頼ってしまうところがあり、自分のリバウンドの本数が伸びていないので、そこを伸ばすこと。それとあまりインサイドでプレーをしていないので、ジャンプシュートが得意ではありますが、それも活かしながらしっかりポストプレーもする。インサイドでもアウトサイドでも攻められるプレーヤーになりたいです。あとはチームの先頭をいつも走ること。ここ1本取りたいという時に走ってブレイクで点が取れるように。愛佳が点が取れない時は自分が点を取れる。もう1本の柱になれるように頑張ります。

個人的には、リバウンドは(オコンクウォ・スーザン)アマカに頼ってしまうところがあり、自分のリバウンドの本数が伸びていないので、そこを伸ばすこと。それとあまりインサイドでプレーをしていないので、ジャンプシュートが得意ではありますが、それも活かしながらしっかりポストプレーもする。インサイドでもアウトサイドでも攻められるプレーヤーになりたいです。あとはチームの先頭をいつも走ること。ここ1本取りたいという時に走ってブレイクで点が取れるように。愛佳が点が取れない時は自分が点を取れる、もう1本の柱になれるように頑張ります。

1年間ルームメートだった2年生の前田芽衣「部屋では急に踊りだします」

――プレーヤーとしては?
前田 平下さんは頼れる選手で、チームが困っている時には絶対に点を取りにいってくれるという、本当にエース兼キャプテンです。あの身長でドリブルからのドライブとか、インサイドもアウトサイドもできるところがすごい。もちろん、オフェンスはすごいのですが、私は平下さんのディフェンスのコースの入り、読みを真似したいと思っています。

――ルームメートとしては?
前田 コート上と全く違っていて、結構“ゆるゆる”というか(笑)。部屋で音楽が流れたら、「一緒に踊ろう」といって急に踊りだします。でも、優しいです。すごく優しいです。

――今年の意気込みをお願いします。
前田 私自身は中学の時はガードではなかったので、ゲームコントロールや周りに声を掛けなど、そういったところを今はもっと上手になっていきたいと思っています。(同じ学年で同じポジションの)江村優有さんと比べるとドリブルの技術がまだないので、そこをもっと身に付けていきたいです。チームの3冠獲得ももちろんですが、スターターのポジションを取れるように頑張っていきたいです。

2019年の高校バスケ注目選手のバックナンバー