2023.08.14

ワールドカップへ向けメンバーを絞って強化試合に挑むホーバスHC「ベストチームを作りたい」

メディア対応を行ったホーバスHC[写真]=田島早苗
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月14日、日本バスケットボール協会が15日から有明アリーナで行われる国際強化試合3連戦「SoftBank CUP 2023(東京大会)」の日本代表登録メンバー12名を発表。トム・ホーバスヘッドコーチがメディア対応を行った。

 ワールドカップ直前合宿のメンバー15名からは、12日の練習試合で右腕を負傷した渡邉飛勇琉球ゴールデンキングス)、さらに須田侑太郎名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)、金近廉千葉ジェッツ)の3名が選外に。急きょ追加招集が発表されていたエヴァンスルークファイティングイーグルス名古屋)は、メンバーに入らなかったものの、引き続きチームに帯同することとなった。

「12日のアンゴラ戦(公開練習試合)が終わってから12人のメンバーが決まりました。カゼを引いていた井上(宗一郎/越谷アルファーズ)は明日から参加します。ジョシュ(・ホーキンソン/サンロッカーズ渋谷)は今日フル練習をやっているので明日はプレーする可能性が高いです。今日は井上がいなかったけど、ルークがいたからいい練習ができました。ルークには本当に感謝しています」

 会見冒頭で発表されたメンバーについて説明したホーバスHCは、「須田のオフボールからスクリーンを使ってのクイックショットは、チームのシステムにとって大事なことなんです。でも、この6週間シュート成功率が全然上がらなかった。金近はまだ若くて、自信とかが足りないけど、本当に彼はスター選手になりそうだなと思います」と、今回選外になった2人について触れた。

 現在のチーム状況については「(本大会まで)あと11日しかないじゃないですか。長い間チームに入るかどうかのプレッシャーがあったので、今日は普通の練習だけど、みんながちょっと落ちついた感じでした」と語り、「これから細かいアジャストメントとかをやって、一番ベストのチームを作りたいです」と意気込んだ。

 15日に対戦するアンゴラ代表については、「アンゴラは長さと身長、フィジカルプレーもあるのでいい練習ができます。それに、セットオフェンスやオンボールディフェンスがドイツと似てるんですよ」と語り、本大会初戦の相手であるドイツをイメージした重要な強化試合となるようだ。

 また、ホーキンソンと渡邊の連携についても実戦の中で高めていきたいと語る指揮官は、「ジョシュの体力は悪くないと思うけど、どこまでできるかどうかわからない。いいことは川真田(紘也/滋賀レイクス)がこの6週間で上手くなったこと。彼もすごく自信をつけましたが、ディフェンスのローテーションはまだ完璧ではない」とコメント。ケガで約1カ月に渡って対外試合を欠場したホーキンソンのコンディションや、渡邉飛勇が離脱したこともあり、センター陣には若干の不安が残るようだ。

 ワールドカップ前、最後の強化試合となる東京大会の3連戦では、日本はどんな戦いを見せてくれるのだろうか。

BASKETBALLKING VIDEO