2023.06.30

オーストラリア出身のベン・シモンズがワールドカップ出場を辞退…ケガからの回復に専念

ワールドカップ欠場となったシモンズ[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 6月30日(現地時間29日、日付は以下同)。オーストラリアバスケットボール連盟は、8月25日からスタートする「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」へ、ベン・シモンズブルックリン・ネッツ)が出場しないと発表した。

 2年ぶりとなった2022-23シーズン。ネッツデビューを飾ったシモンズは平均26.3分6.9得点6.3リバウンド6.1アシスト1.3スティールにフィールドゴール成功率56.6パーセントをマーク。

 ところが、2月16日のマイアミ・ヒート戦を最後に、オールスターブレイク後は背中のケガとそのリハビリのため全休。今年5月上旬の時点で、指揮官のブライアン・ゴージャンはシドニーの『SEN Radio』へ出演した際に「彼のマインドセットは、健康体になってコンディションを取り戻し、この大会(ワールドカップ)でプレーすることだと思う」と発言。今夏のワールドカップで代表チームへ参戦できると楽観的な姿勢だった。

 だが208センチ108キロの超大型ポイントガードは国際大会への出場を辞退。同連盟は、シモンズがケガから回復することにフォーカスすると本人とネッツ側から通達されたと発表。

 FIBAランキング3位のオーストラリアは、パティ・ミルズ(ネッツ)やジョー・イングルズ(ミルウォーキー・バックス)、ジョシュ・ギディー(オクラホマシティ・サンダー)といった複数のNBA選手を抱えており、今大会でも優勝候補の一角として注目されている。

 グループEのオーストラリアは、日本の沖縄アリーナでドイツ(同11位)、フィンランド(同24位)、そして日本(同36位)とグループフェーズを争うこととなる。

BASKETBALLKING VIDEO