2023.07.20

カリーがワールドカップへ出場するアメリカ代表に期待「金メダルを獲得してくれるさ」

2014年のワールドカップで優勝したカリー[写真]=fiba.com
バスケ情報専門サイト

 7月18日(現地時間17日、日付は以下同)。アメリカのスポーツ専門局『ESPN』の番組“NBA Today”へ、ゴールデンステイト・ウォリアーズステフィン・カリーがゲストとしてリモート出演した。

 そこでカリーは新加入のクリス・ポールや今シーズンから導入されるインシーズン・トーナメントなどについて話しつつ、8月25日からフィリピンのマニラ、日本の沖縄、インドネシアのジャカルタで幕を開ける「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」についても語っていた。

「今年のワールドカップに出場するみんなのことを応援している。彼らならアメリカを代表して、金メダルを獲得してくれるさ」

 先日発表された今大会のアメリカ代表は、昨シーズンにオールNBAチーム入りした選手こそいないものの、オールスターのアンソニー・エドワーズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)やタイリース・ハリバートン(インディアナ・ペイサーズ)、ジャレン・ジャクソンJr.(メンフィス・グリズリーズ)を筆頭に、リーグ有数の若手スター選手たちが集結したロスターと言っていい。

 また、ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)が指揮官となり、アシスタントコーチ(AC)はマイアミ・ヒートのエリック・スポールストラHC、ロサンゼルス・クリッパーズのタロン・ルーHC、ゴンザガ大学のマーク・フューHCが務めることとなる。

 FIBAランキング2位のアメリカは、グループCとしてフィリピンのマニラへ乗り込み、26日にニュージーランド(同26位)、28日にギリシャ(同9位)、30日にヨルダン(同33位)とグループフェーズで対戦する。

 カリーはこれまで、アメリカ代表として2007年の「U19ワールドカップ」で銀メダル、2010、2014年のFIBAバスケットボールワールドカップでは金メダルを獲得しているのだが、オリンピックではまだプレーしていない。

ワールドカップで2つの金メダルを手にしたカリー[写真]=fiba.com

 そのため、NBAで4度のチャンピオンとなったカリーは「コーチ(カーHC)は僕に欠けている唯一の経歴だと好んでジョークを言ってくるんだ。だから彼はすでに次のシーズンか来年の夏へ向けて勧誘している」と、2024年のパリ・オリンピックへ出場する可能性があることを示唆していた。

「次の夏がどうなるのかは分からない。それ(オリンピック)は間違いなくコーチ・カーが主導権を握るボーナスなんだ。彼のためにプレーするのは大好きだから、2024年の夏を楽しみにしているよ」

 カリーが来年にオリンピックデビューを飾ることになれば、会場となるフランスだけでなく、世界中のバスケットボールファン、あるいはスポーツファンが大喜びするに違いない。

 まずは今夏のワールドカップでアメリカ代表がグループフェーズ、そして決勝トーナメントを勝ち抜いて頂点に立つことができるか注目していきたい。

ステフィン・カリーの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO