2022.09.17

スペインが激戦制しファイナル進出…ブラウンが29得点で勝利の立役者に/ユーロバスケット2022

チームトップの29得点を挙げたロレンツォ・ブラウン[写真]=fiba.com
バスケ情報専門サイト

 9月17日(現地時間16日)、「FIBAユーロバスケット2022」の準決勝が開催され、スペイン代表ドイツ代表と激突した。

 立ち上がりから得点を奪い合い、アップテンポな展開となったこの試合。スペインは、ヴィリー・エルナンゴメス(ニューオーリンズ・ペリカンズ)とフアンチョ・エルナンゴメス(ユタ・ジャズ)を中心に攻撃を組み立ててスコアを伸ばし、27-24で最初の10分を終えた。
 
 続く第2クォーターではルディ・フェルナンデスの3ポイントシュートなどで加点したスペイン。だが、ドイツのフランツ・バグナー(オーランド・マジック)を止められず、逆転を許してしまう。劣勢となったスペインはロレンツォ・ブラウンの外角シュートなどで反撃するが、46-51でハーフタイムを迎えた。

 5点ビハインドで後半へ突入したスペインは、第3クォーター残り7分に逆転するも、直後に再逆転を許し、残り1分30秒には10点のビハインドを背負う。しかし、65-71で始まった第4クォーターでは果敢に攻撃を仕掛け、残り5分50秒でついに優位に立つことに成功。そこからは両軍の得点ペースが落ち、慎重な試合展開となるが、スペインは着実にスコアを伸ばして少しずつリードを拡大する。

 94-88で迎えた最終局面では、残り3秒でマオド・ローに3ポイントシュートを沈められるが、直後にフアンチョがダンクを叩き込み、追いすがるドイツを振り切ってタイムアップ。96-91でスペインが決勝へ進出した

 勝利したスペインは、ブラウンがチームトップの29得点をマーク。一方のドイツは、シュルーダーが30得点、バグナーが15得点と奮闘したものの、わずかに及ばず敗退することとなった。

■試合結果
ドイツ 91-96 スペイン
ドイツ|24|27|20|20|=91
スペイン|27|19|19|31|=96

デニス・シュルーダーの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO