2022.05.16

2年連続CSセミファイナル進出を決めた川崎…ジャニングは「エナジーを出してしっかりと戦えた」

第2戦の後半に躍動し、名古屋Dを突き放す言動力となったジャニング[写真提供]=川崎ブレイブサンダース
バスケ情報専門サイト

 5月15日、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」のクォーターファイナル第2戦が行われ、東地区2位の川崎ブレイブサンダースは西地区3位の名古屋ダイヤモンドドルフィンズをホームに迎えた。

 第1戦で白星を挙げた川崎は、序盤からアグレッシブに攻撃を仕掛け、少しずつ点差をつけていく。前半を41-35で終えると、後半ではマット・ジャニングらがスコアを重ねてリードを拡大し、名古屋Dに追い上げを許さない。85-70で川崎が勝利し、2年連続でセミファイナルへ駒を進めた。

 試合後に、第2戦で11得点7リバウンドをマークしたジャニングが、クラブを通じてコメントを発表。対戦した名古屋Dは外国籍選手を欠いていたが、「非常に厳しい戦いでした」と、なかなか点差のつかない展開を振り返った。

 前半こそ苦しい展開だったものの、後半では「エナジーを出してしっかりと戦えた」と話すように、ジャニングが次々とシュートを決めてリードを広げることに貢献。最終的に、この試合に勝って2連勝でシリーズを終えたが、「名古屋Dさんは強いチームで本当に素晴らしいチームだった」と相手を称えた。

 また、セミファイナルで対戦する宇都宮ブレックスについてもジャニングは言及。同じ東地区でシーズンを戦っており、「お互いがお互いをよく知っているチームだと思うので、来週も本当にタフな試合になると思います」と話すように、週末にに行われるセミファイナルへの準備を始めているようだ。

 それでも、「自身のコンディションもよく、クォーターファイナルを2戦で終わらせられたということで、体を休ませることもできます」とプラスの要因があることも話している。宇都宮は決して楽な対戦相手ではないが、「タフな試合が続きますが、しっかり準備していきます」と意気込みを話してコメントを締めくくった。

マット・ジャニングの関連記事

川崎ブレイブサンダースの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO