2018.12.29

ウインターカップ男子は福岡第一が優勝! 決勝で中部大第一に43点差をつけ2年ぶり3度目の栄冠

福岡第一は決勝戦でも大差をつけて優勝を手にした[写真]=大澤智子
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月29日に武蔵野の森総合スポーツプラザで「Softbankウインターカップ平成30年度 第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会」の男子決勝戦が行われ、福岡第一高校(福岡県)と中部大学第一高校(高校総体2/愛知県)が対戦した。

  2年ぶり3回目の優勝を狙う福岡第一は、第1クォーター序盤から松崎裕樹(3年)が攻撃を引っ張り、開始約5分間で13-4とリード。対する中部大第一はタイムアウトを挟んで中村拓人、矢澤樹(ともに3年)、バトゥマニ クリバリ(2年)の連続得点で立て直し、4点ビハインドで最初の10分間を終えた。

 次の10分間は、福岡第一2点リードの開始2分31秒から松崎が2本の3ポイントをマークして24-18。中部大第一も中村が決め返すが、残り3分19秒から小川麻斗(2年)、ディアラ イソフ(3年)に得点を許して点差を2ケタにされる。中盤にはまたしても松崎、小川に3ポイントを決められ、39-21で試合を折り返した。

 第3クォーターはブバカー ンディア イエ(3年)のインサイドで中部大第一が4点を詰めるも、福岡第一は内外から得点を重ね、開始4分25時点で48-27と突き放す。その後も河村勇輝(2年)のアシストから小川、クベマジョセフ スティーブ(2年)らが立て続けに得点を奪い、この10分間を23-10で終了。31点の大量リードを作った。

 第4クォーターに入っても、福岡第一は攻撃の手を緩めない。松崎を中心に得点を伸ばし、序盤で70-35のダブルスコアとする。一矢報いたい中部大第一であったが、なかなかシュートを決めきれず、さらに差を広げられてしまう。福岡第一は終盤にベンチメンバーをコートへ送りだす余裕を見せ、最終スコア85-42で圧勝。見事2年ぶりの栄冠を手にした。

ウインターカップ2018のバックナンバー