2023.09.08

ドイツがアメリカとの熾烈なハイスコアゲームを制し、バスケW杯初優勝に王手…セルビアの待つ決勝へ

得点源として躍動したワグナー[写真]=fiba.basketball
バスケ情報専門サイト

 9月8日、マニラのモール・オブ・アジア・アリーナで「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」の準決勝が行われ、ドイツ代表(FIBAランキング11位)とアメリカ代表(同2位)が対戦。激戦の末にドイツが決勝進出を果たし、大会初優勝に王手をかけた。

 試合序盤はデニス・シュルーダーとフランツ・ワグナーを中心としたオフェンスで得点を重ねたドイツ。一時は10点のリードを奪うも、徐々にアメリカに点差を詰められ、33-31と2点リードで第1クォーターを終える。

 続く10分間は拮抗した試合展開となるなか、ダニエル・タイスの得点などでスコアを積み重ねたドイツ。終盤にはアメリカにリードを奪われるも、大きく点差を離されることはなく、59-60と1点ビハインドで前半は終了。

エドワーズは23得点でアメリカをけん引した[写真]=fiba.basketball


 後半立ち上がりは再びドイツペースで試合が進行。タイスやフランツ・ワグナーに加え、アンドレアス・オブストが第3クォーターだけで10得点を挙げる活躍を見せ、94-84と10点リードで最終クォーターへ。

 最後の10分間はアメリカの猛烈な追い上げに遭うも、オブストの3ポイントやシュルーダーのステップバックショットで突き放し、最終スコア113-111でドイツがハイスコアゲームを制することとなった。

 ドイツはオブストがゲームハイの24得点、フランツ・ワグナーが22得点で続き、タイスも21得点。司令塔のシュルーダーは17得点9アシストをマークした。一方のアメリカはアンソニー・エドワーズが23得点、オースティン・リーブスが21得点を挙げるも、あと一歩のところで勝利を逃す結果となった。

 マニラで開催される決勝戦は10日21時40分ティップオフ。初優勝を目指すドイツは、ユーゴスラビア時代に通算5度の優勝を誇るセルビア代表(同6位)と対戦する。

■「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」準決勝(@マニラ)試合結果
アメリカ代表 111-113 ドイツ代表
USA|31|29|24|27|=111
GER|33|26|35|19|=113

男子アメリカ代表の関連記事

BASKETBALLKING VIDEO