2019.11.01

千葉ジェッツは3連勝で復調の兆し、京都ハンナリーズは永吉佑也の活躍に期待

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

千葉ジェッツvs京都ハンナリーズ(@船橋アリーナ)
第1戦:11月2日15時5分、第2戦:11月3日15時5分

 一時は2勝5敗と苦境に陥っていた千葉ジェッツが、3連勝で勝率を5割に戻して10月を終えた。前節の島根スサノオマジック戦、1戦目は第1クォーターで9点のビハインドを背負ったが、藤永佳昭がディフェンスでチームにエナジーを与え、攻めては4試合目の出場となったニック・メイヨが開幕戦以来となる20得点。続く2戦目では第1クォーターに25-10とスタートダッシュをかけると、第2クォーターでも27-8と一気にリードを広げて圧勝した。オフェンス面で苦しんでいる島根が相手だったとはいえ、この2戦はいずれも失点が60点台と、開幕からの課題だったディフェンスでようやく結果を出した。

 千葉とは対照的に開幕から6連勝と好調だった京都ハンナリーズだが、連敗で迎えた前節の新潟アルビレックスBB戦は1戦目に敗れて3連敗。ロースコアで進んだ中、第2クォーターの26失点が響いた格好だ。この試合でBリーグデビューを果たしたラシャーン・ホロウェイは16得点7リバウンドとまずまずの数字を残したが、ジュリアン・マブンガ不在の影響は小さくなかった。2戦目も第2クォーターに失点がかさむ難しい展開だったが、マブンガとデイヴィッド・サイモンに加えて村上直も効果的な得点を挙げて追いあげると、それまで7本すべて外れていた松井啓十郎の3ポイントが残り48秒で炸裂し、土俵際でひっくり返して連敗を止めた。

 京都にとって千葉は比較的相性が良く、一昨季にはアウェーで第4クォーターに千葉を急失速に追い込み、大逆転勝利を飾ったこともある。その試合は外国籍選手がペイントエリアで千葉のディフェンスを粉砕したほか、永吉佑也も内外で活躍が光った。今季はここまで10試合すべてにスターター出場し、1試合平均30分以上コートに立っている永吉の役割は大きい。特定の選手に得点が偏る中、永吉が千葉のディフェンスを混乱させることができれば、再びアウェーで強敵を撃破することも十分にあり得る。

文=吉川哲彦

■ロースター
・千葉(ヘッドコーチ:大野篤史)
ジョシュ・ダンカン
富樫勇樹
マイケル・パーカー
コー・フリッピン
田口成浩
晴山ケビン
大宮宏正
ニック・メイヨ
西村文男
藤永佳昭
ギャビン・エドワーズ
原修太
小野龍猛

・京都(ヘッドコーチ:浜口炎)
中村太地
村上直
綿貫瞬
鶴田美勇士
岡田優介
玉木祥護
松井啓十郎
ジュリアン・マブンガ
内海慎吾
永吉佑也
ラシャーン・ホロウェイ
デイヴィッド・サイモン

この試合の他の記事