2019.11.01

波に乗りたい両チーム、秋山皓太と佐藤卓磨のマッチアップに注目

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

横浜ビー・コルセアーズvs滋賀レイクスターズ(@横浜国際プール)
第1戦:11月2日15時5分、第2戦:11月3日14時5分

 前々節の勝利により、Bリーグでは初めて白星が先行した横浜ビー・コルセアーズ。しかし前節は名古屋ダイヤモンドドルフィンズの地力に屈し、再び“借金生活”となってしまった。今節“貯金生活”に戻るには連勝が必須。ただし、滋賀レイクスターズは決して侮ってはならない相手だ。

 名古屋D戦の横浜は、1戦目が前半のビハインドを挽回できず11点差、2戦目が第1クォーターで8失点ながら第2クォーターで36失点を喫して最終的に3点差に泣く結果だった。特に2戦目は第4クォーターに抜きつ抜かれつの好ゲームを展開し、一時は5点差をつけながらも残り37秒に逆転される悔やまれる敗戦。勝負どころの我慢が利かなかった格好だ。

 対する滋賀は、横浜以上に惜しい星を落とした。秋田ノーザンハピネッツとの1戦目は第4クォーターに突き放されて14点差をつけられたが、2戦目は横浜同様に3点差というもったいない黒星だった。齋藤拓実は2戦とも13得点を挙げ、1戦目では9アシストもマーク。高橋耕陽佐藤卓磨も得点によく絡んでいるだけに、外国籍選手の得点が今一つ伸びていないのが気がかりだ。チームは開幕4連敗から2連勝と持ち直したかに見えたが、再び4連敗。2度目の4連敗のうち3試合までが5点差以内と、今季も現時点では接戦を勝ちきることができていない。

 滋賀が苦しい中でも若手の成長に希望が見えているのに対し、横浜も秋山皓太が前節1戦目で3ポイント4本の12得点とポテンシャルの片鱗を示した。チームの勢いにもつながりやすい若手の活躍は、波に乗りたい両者にとって最も期待したい部分と言っていい。その中で秋山と佐藤は、東海大学で佐藤が1年先輩という互いをよく知る間柄。佐藤が今季1試合平均24分強と出場時間を確保している一方で、秋山も前節は2戦計31分強と出場時間を伸ばした。マッチアップすることがあれば、激しく火花を散らすことになりそうだ。

文=吉川哲彦

■ロースター
・横浜(ヘッドコーチ:トーマス・ウィスマン)
橋本尚明
レジナルド・ベクトン
ホール百音アレックス
アキ・チェンバース
ハンター・コート
ジョルジー・ゴロマン
牧全
田渡凌
秋山皓太
竹田謙
エドワード・モリス
ジェイソン・ウォッシュバーン
生原秀将
小原翼

・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
齋藤拓実
狩俣昌也
シェーファーアヴィ幸樹
佐藤卓磨
ヘンリー・ウォーカー
中村功平
谷口光貴
チャールズ・ローズ
高橋耕陽
荒尾岳
狩野祐介
伊藤大司

この試合の他の記事