2021.12.03

早くもホーバス効果…信州の熊谷航、三河の西田優大が実践した意識改革

ホーバスHCが示した選手選考やプレースタイルが早くも選手たちに刺激を与えているようだ [写真]=fiba.com
日本サッカー協会を経て、フリーランスのスポーツライター・カメラマンに。東海地方を拠点に、サッカー、バスケットボールなど様々なスポーツの取材を行う。

要所での得点、緻密なゲームコントロールで古巣に恩返し

「勝ったことで、成長した姿を見せられた」

 トム・ホーバスヘッドコーチ率いる新生日本代表の初陣後初の公式戦となった天皇杯4次ラウンド。新たな“旅の始まり”にそれぞれの選手が士気を高める中、ウィングアリーナ刈谷で行われたシーホース三河信州ブレイブウォリアーズで輝きを放ったのは、初の古巣凱旋となったPG熊谷航だった。

「(三河は)プロになって初めてのチームで、いろいろなことを教わりましたし、感謝しています。活躍することが恩返しになる」

「(新生日本代表は)若い選手も多くて、大学時代にマッチアップしていた選手も多くいましたし、本当に刺激になりました」

 古巣への恩返し、代表戦からの刺激。二重の意味で気合が入っていた熊谷航は、3ポイントシュートで先制点を挙げるなど、序盤からアグレッシブなプレーを見せる。

「前半はちょっと力が入ってしまって、『いいプレーしよう』『いいプレーを見せなきゃ』というプレーになっていた」と頭を掻くも、「自分の持ち味であるディフェンスから」と気持ちを切り替えると、ビッグマンの間に果敢に飛び込んでリバウンドを奪うなど、気迫のディフェンスでチームを引っ張った。

 真骨頂は後半の立ち上がり。11点ビハインドの三河がビッグラインナップに変えてきたと見るや、熊谷はジョシュ・ホーキンソンとのピック&ロールを駆使したオフェンスを展開し、一気にリードを17点に広げた。

「ラインナップを見たときに、スピードでは自分の方が勝っていると思った。岡田(侑大)が出ているときは、彼のしたいプレーをまずはやらせてという部分があったんですけど、今日は彼らしいプレーができていなかったし、ウェイン(・マーシャル)もプレーができない。その中で、自分のピックアンドロールが(相手にとって)一番止めにくい武器だと考えながらプレーをしていました。(三河は)そこが苦手かなというのは試合前から思っていたので、大事な場面で狙おうを思っていました」

 しかしホームの三河もそのままでは終わらない。第3クォーターの終盤に3点差に追い上げられると、最終クォーターにも何度も1ポゼッション差まで迫られた。そこでも熊谷は高速ドライブからのダブルクラッチでアリーナを沸かせるなど、その度に自らの得点で三河の流れを断ち切った。

 代表戦を「僕にもチャンスは少なからずあるかなというふうに思って見ていました」という熊谷。一度もリードを許さない完璧なゲームコントロールで、信州をクラブ史上初の準々決勝へと導くとともに、新たな旅の一員として名乗りを上げた。

「僕にもチャンスは少なからずあるかな」と代表へ意欲を見せた信州の熊谷航 [写真]=B.LEAGUE

安定感が光る西田優大。「リーグ戦でリベンジしたい」

 代表組にやや疲労感が見られた中、中国戦2試合に出場した西田優大は「代表で打っているタイミングのシュートと自チームで打っているタイミングのシュートとごっちゃになってしまった部分があった」と悔やみながらも、エースとして14得点を挙げる安定したパフォーマンスを披露した。

 それだけにとどまらず、次を見据えて取り組む頼もしさも見せる。「自分より大きい相手に対してドライブすることの方が多かったので、しっかり身体を当てながらフィニッシュに行く」という代表戦から持ち帰った修正点に早速向き合い、第2クォーターにはアンソニー・マクヘンリーからバスケットカウントを奪うなど、「だいぶ意識してプレーできた」と手応えを口にする。

三河の西田優大は代表戦での経験から次への取り組みを始めている [写真]=伊藤 大允

「(代表合宿では)ずーーっと一緒にいた。昨日も一緒にご飯に行ったんですけど、本当にめちゃくちゃ仲がいいです」という“永遠のライバル”岡田については、「シュートがエアボールになっていたりしたので、あいつもちょっと疲れていた部分があったと思う」と気遣った。

「お互いに(コンディションが)きつい中でも、前半マッチアップする時間があったので、そこは楽しかったですね。4月にリーグ戦が4試合あるので、そこでリベンジしたい。あいつも今日0点だったので、さらに気合を入れてくると思うので、やり返されるかもしれないですけど…。負けないようにがんばります」

 週末からはBリーグが再開される。戦力差がない群雄割拠のリーグ戦、そして次の代表メンバー入りに向けて、戦いはさらに激しさを増していくことだろう。

文=山田智子

BASKETBALLKING VIDEO