2023.02.19

ラブの移籍先候補のヒート…アデバヨは「彼はベテランで、若い選手たちの指導もできる」

ラブについて語ったアデバヨ[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

「加入したら素晴らしいことになると思う。リーダーを務めてきたんだから」

「間違いなく感情面で痛手になる。…チームのみんなが彼がいなくなって寂しく思うのは確かだね。僕としては、彼がどこへ行ってもすごい仕事をすることを願っている」

 そう語ったのは、クリーブランド・キャバリアーズエバン・モーブリー。2月19日(現地時間18日、日付は以下同)に『Akron Beacon Journal』へ公開された記事のなかで、この日キャブズとのバイアウトが合意し、チームを退団した“彼”ことケビン・ラブについて話していた。

 チーム最古参となる在籍9シーズン目をプレーしていたラブは、今シーズンここまで41試合(うち先発は3試合)の出場で平均20.0分8.5得点6.8リバウンド1.9アシストを残すも、1月下旬からローテーションを外れ、試合へ出場していなかった。

 34歳のラブは203センチ113キロのフォワードで、NBAキャリア15年目のベテラン。キャブズでプレーオフへ4度出場し、計63試合で平均15.3得点9.7リバウンド1.8アシストに3ポイントシュート成功率40.4パーセントを残しており、シュート力やロングパスなど豊富なスキルを持つ。

シュート力に定評があるラブ[写真]=Getty Images

 『ESPN』によると、ラブが新たに契約する可能性があるのはマイアミ・ヒートとフィラデルフィア・セブンティシクサーズ。ヒートが筆頭候補なのだが、決断を下す前にシクサーズと話す予定だという。

 オールスターブレイクの時点で、キャブズはイースト4位の38勝23敗。ドノバン・ミッチェルダリアス・ガーランドジャレット・アレンというオールスター経験者を擁し、その周囲にもモーブリーやキャリス・ルバートリッキー・ルビオといった実力者がおり、15日にはベテランスウイングマンのダニー・グリーンを加えただけに、5シーズンぶりのプレーオフ進出は濃厚と言えるだろう。

 ただ、ラブの移籍先はイースト3位の38勝19敗を残すシクサーズ、あるいは32勝27敗で同7位のヒートとなると、24日から再開するレギュラーシーズン後半戦で競合チームを戦力アップさせてしまうことになるため、キャブズとしてはリスクを背負う形となった。

 そんななか、19日のメディア対応で、ヒートのバム・アデバヨは、新加入と報じられているラブについて、ヒート一筋20年目を迎えた大ベテラン(ユドニス・ハズレム)を引き合いに出して比較していた。

「彼には(チャンピオン)リングがある。1勝3敗で劣勢の時、彼はロッカールームにいた。そこであの逆境を乗り越えてきた。だから、僕らにとって彼が加入したら素晴らしいことになると思う。リーダーを務めてきたんだから。彼はベテランであり、若い選手たちの指導もできる。これから始まる追い上げを助けてくれるさ」

 ゴールデンステイト・ウォリアーズと対決した2016年のNBAファイナル。キャブズは1勝3敗の窮地に追い込まれるなか、レブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)、カイリー・アービング(現ダラス・マーベリックス)、ラブらの活躍によって3勝3敗で逆王手をかけ、第7戦も制してフランチャイズ史上初優勝を成し遂げた。

 現時点でラブはヒート加入が決まったわけではないのだが、もしこの男が入ることになれば、アデバヨのバックアップを務めることが予想されている。約1カ月も試合から遠ざかっているため、コンディション調整を要するかもしれないが、持ち前のオフェンス力と経験をもたらすことができるはずだ。

BASKETBALLKING VIDEO