2021.10.10

後半に躍動した千葉が群馬に逆転勝利…富樫が22得点をマークし、敵地で連勝を飾る

2試合連続で20得点以上をマークし、千葉を3連勝に導いた富樫[写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 10月10日、各地でB1リーグ第2節が開催され、千葉ジェッツ群馬クレインサンダーズと対戦した。

 GAME1に103-74で勝利した千葉だったが、この試合は序盤から群馬に主導権を握られる。第1クォーターだけでトレイ・ジョーンズに18得点を許し、14-30と大きなビハインドを背負って、最初の10分間を終える。続く第2クォーター中盤には、この試合最大となる22点差まで広げられてしまう。それでも千葉は、ギャビン・エドワーズジョン・ムーニーが得点を重ね、36-49と13点差で試合を折り返した。

 後半に入ると、試合の流れは大きく千葉に傾く。第3クォーターは富樫勇樹クリストファー・スミスを中心に得点を奪うと、徐々に点差を詰めることに成功。終了間際には富樫が3ポイントシュートを沈め、66-68と2点差まで詰め寄り、勝負の最終クォーターへ。迎えた第4クォーター、開始直後にジョシュ・ダンカンの長距離砲でついに千葉が逆転。さらに12-0のランを作り、大きくリードを広げた千葉が、97-81と見事な逆転勝利で3連勝を飾った。

 勝利した千葉は、富樫が22得点6アシスト、ムーニーが20得点14リバウンド6スティール、エドワーズが18得点6リバウンド、スミスが17得点、ダンカンが12得点をマーク。一方、群馬はジョーンズが33得点7アシストと奮闘するも、終盤にはファウルトラブルにも苦しみ、ホームで連敗となった。

■試合結果
群馬クレインサンダーズ 81-97 千葉ジェッツ(@太田市運動公園市民体育館)
群馬|30|19|19|13|=81
千葉|14|22|30|31|=97

この試合の他の記事

千葉ジェッツの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO